ミミズコンポストーミミズが消えた

2024年2月。

今年の2月は、4月並みの暖かい日がありました。

暖かい日に、ミミズコンポストの整備をしました。

ミミズが消えた

コンポストの中には、大根の葉っぱが、形あるまま残っていました。

壺の中から土を出していくと、ミミズが2匹見つかったのみでした。

土は、たい肥になっているのでしょう。黒っぽい土で、ふかふかいいかんじ。

しかし、いくら掘り上げてみても、ミミズは2匹以降見つからず。ミミズの卵も2つくらいしか見つからず。

底に隠れているのかなと思い、コンポストプランターを移動してみるも。ミミズが一匹隠れたのを見ただけで、あとは見つかりませんでした。

ミミズは消滅したか、2年をかけて別の場所へ引っ越したか、したようです。

実際に、ミミズコンポストの3メートル範囲くらいにある、切り株の根っこやプランターの底に、シマミミズたちがいるのを発見していました。

脱出組はどこかで生きています。

プランターに居残ってくれた組は、役目を終えて消えてしまったようです。

ミミズたちのエキスが入った、ミミズたい肥になりました。

農薬がかかった野菜が、生態系を壊した原因?

去年の8月のこと。

天然温泉施設の野菜販売店から買ってきた、大きなウリの切れ端を、コンポストにたっぷり入れました。

その後、人間の私が、そのウリを食べたところ、ものすごい農薬の味がして「危険!」と感じました。

すぐにコンポストの中からウリを取り出したのですが、時遅く。

それまで好調だったミミズコンポスト内の環境は、ウリを入れた後から白いカビのようなものが発生し、なんだか危険な環境になってしまいました。

ミミズの気配もなくなってしまいました。

こうなるともう、他の虫たちに、農薬の成分を分解してもらって、なんとかミミズたちを助けてもらいたいと思ったのですが。

その後は、虫たちによるたい肥作りは続いていた様子はあったものの、ミミズの気配がないと感じていました。

冬になると虫たちも、死んだり移動していってしまったりで。結局、2月の時点でコンポストの中に、肉眼で確認できる生き物は、ミミズ2匹くらいに激減していました。

農薬の怖さ

ミミズコンポスト内の環境が悪化したこともあり、やはりあのウリには農薬がかかっていたと思います。

一口食べてみたら、化学薬品の苦~い味が、しっかりとしたのです。

その天然温泉は、茨城の田舎にあって。野菜の販売所でも、地域の野菜を売っているようでした。

専業農家でない、農地を持っている人が、あまり農薬の知識など考えないで作った野菜のように思えました。

大きければ店で売れる、見た目が立派な野菜を作ることがよいことだ、という考えが当たり前だと、それを食べた人の体に悪影響を与えてしまいます。食べる人は気づかないかもしれない。でも気づかないで食べたら、実は薬漬けだったなんてことが事実になってしまったら。人の幸せ・喜びからは遠ざかってしまいます。

ウリだけが、ミミズ消滅の原因ではないかもしれませんが。今後は、ミミズコンポスト内に入れる野菜に、今まで以上に気をつけることにしました。

新たにシマミミズを購入することに

ミミズのよいところは、死ぬと溶けてしまうところ。環境に全く悪影響がありません。自らも、たい肥になってしまうのです。

シマミミズはどこで買う

シマミミズを手っ取り早く手に入れたいと思いました。

ホームセンターや、釣具屋さんで売っているのかなぁ?

かるくネットで検索してみたら、釣具屋さんなどでは売ってはいるものの、1箱に入っているミミズの数が少ないのと、弱った個体が多い可能性が多いとのこと。それが事実か、定かではありませんが、なんとなく想像がつきます。

釣具屋さんなどで売られているシマミミズは、釣り用の餌ですし。ココヤシピートなど、ミミズにとって良好な環境にいるわけでもないでしょうから。コンポスト用にするには、まだ少し決断がつきません。

そこで今年も、アースワーム研究会から購入することにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました