防災グッズを買い揃えてみる

防災グッズ

突然の災害に備えて。用意しておこうと思った「防災グッズ」。

避難のための防災バックに入れるものも、一通り調べて。少しずつそろえていきたいと思いました。

防災バックに入れるもの

防災バックに入れるもの。食べ物はとりあえず、今回購入したカンパンえいようかん。アルファ米のおにぎり。

防災食品

それから、避難先で必要になる小さなあれこれを、少しずつ集めて、入れていくとよいかもしれません。

買ってみたもの

<買ってみたもの>

  • 歯磨き用シート
  • ドライシャンプーシート
  • かさかさしないサバイバルブランケット(寒さ・日よけ対策になるらしい)
  • トイレの際のビニールポンチョ
  • 水で膨らむタオル(ついでに)
  • ヘッドライト(単3ひとつでつかえる / モンベル コンパクトヘッドランプ / 単純にモンベル製品が買いたくて)
  • ホイッスル(細長いアルミ製と、笛の形をしたプラスチック製のもの)
  • ウォーターバック(手ごろに防災バックなどに入るサイズだとよいのかな)

など。

<少しずつ買い揃えたいもの(実行期間は無期限として)>

  • 体拭きシート(夏の断水時の避難先などで必要だそう)
  • ソーラーランタン(夜に必要)
  • 防災用ラジオ(ソーラー・ランプ・手回し・スマホ充電機能付き)
  • コンパクトな携帯トイレ(自立出来て、防災バックに入れてもかさばらない大きさのもの)
  • 雨具(レインコートやポンチョ)
  • コンパクトなマット(床に寝る時のマット)
  • コンパクトな寝袋
  • コンパクトなスリッパ(避難先だけでなく、ガラスの破片などを踏まないためにも必要らしい)
  • アイマスク(避難先の夜は明るいので、眠るときに必要らしい)
  • 耳栓(補充用)(避難先はうるさいので、眠るときに必要らしい)
  • ホッカイロ(防寒対策だけでなく、使用後のホッカイロは、靴の中や冷蔵庫に入れて湿気取りなどに使えるらしい)
  • 500mlの長期保存水(防災バックに2~3本入れておくらしい)
  • クーラーボックス・保冷剤
  • サランラップ(紙皿の上に敷いて、お皿を汚さない工夫として使う)
  • ウェットティッシュ
  • 手ぬぐい

など。

<家にあるもの>

  • ガムテープ
  • 軍手
  • マスク
  • 懐中電灯
  • ラジオ
  • 筆記用具・油性マジック・ハサミなど
  • 身分証のコピー
  • 救急セット・裁縫セット
  • 着替え(下着、靴下など)
  • 小銭などのお金
  • ライターやマッチ

など。

それから、ホテルのアメニティグッズ、景品やタダでもらった小物(ティッシュや携帯歯磨き、携帯ブラシ、携帯スリッパ、ビニール袋)などを、家の中に無駄に保存するのではなく、防災グッズとして防災リュックの中に入れていけば、自然と、充実した内容になると思いました。

防災用バック

避難時は、雨が降っている場合が多いので。防水・撥水加工されたリュックやバックだと安心だと。

リュックを背負うのが、あまり好きではない、得意ではない。アウトドアのバックやリュックにあまり興味がない家族と暮らしているので。たいそうな防災リュックを買っても、宝の持ち腐れ。

家にあったのは、底板なしのペラペラなリュック&ナップサックでした。

洗濯して、防災グッズを入れてみるも。あまりに頼りないのと、底なしなので、少し入れただけで無駄に重くなる。背負い心地も安定感もないので、新たに買うことにしました。

アウトドアショップで見つけたのが、コールマンの、トートにもリュックにもなるバック。

都合よく撥水加工されているらしい。

背負ってみると、小柄な私の背面長にも合っていて、背負いやすい。

これなら、家の誰が背負っても負担にならなそうだったので、即決で買うことにしました。

品がしっかりしているので、防災用以外でも使えます。少し値段が高いけれど。「1個あると、みんなにとって便利なバック」ということで。

22ℓだそうで。大きさもちょうどよい。

適度に小物を入れる場所があり、バック側面には水筒を入れる部分もある。

リュックとして背負う部分も、太くてしっかりしています。

背負う部分は、バック本体の袋スペースに収納できます。

ペラペラの底なしナップサックからすれば、かなりレベルアップした防災バックになりました。

防災グッズをジップロックに小分けして。バックに収納すると、わかりやすくて取りやすい。水に濡れるのも防いでくれる。よいですね。

これを主の防災用バックとして。そのほかに補佐用バックを作ればよいのでは。

ヘルメット

ヘルメットも、Amazonなどで検索してみると、たくさんあります。

どれを買えばよいのやら、見当がつきません。

買ったはいいけど被り心地が悪かったら、使えず後悔することに。

ヘルメットは、実際に被ってみないとわかりません。

近所のホームセンターで、ヘルメットが数種類売っていたので。試しに被ってみました。

ぶかぶかなサイズのもの、重いものなどがあるなか。わりとすぐに、フィットするヘルメットが見つかりました。

トーヨーセーフティのアメリカン型ヘルメット。

小さな頭の私にも、違和感なく被れました。「守ってくれている」程度の重さで、そんなに負担でもありません。

後に調べてみると、子供用や大きい頭用など、いろいろなサイズがあるらしい。

その他、折り畳み式も作っているそうで。被り心地もよいらしいけど、側面がやわな作りだとか、なんとか。やはり一度被ってみないと、自分に合うかどうか、わかりません。

職場の机の引き出しに忍ばせておくなどの使い方には、適しているのでしょう。

防災用ヘルメットは、軽作業用ヘルメットなどとは、少し違うらしい。落下物を防げるくらいの、しっかりした作りでないといけないから、「国家検定合格品」である必要がある。

こんなに簡単に見つかってしまって、よいものだろうか。

ということで、後日ネットで、別のヘルメットを買ってみました。

トーヨーセーフティと被り比べて、被り心地の良い方を追加購入することに。

加賀産業の、軽いヘルメット / Bo type(ライナー付き)。

下記の製品はライナーなしだけど、いくつかのアフィリエイトサイトで紹介されていました。

トーヨーセーフティのアメリカン型ヘルメットと、形が似ているヘルメット。

防災用ヘルメット
加賀ヘルメットBo type(左) / トーヨーセーフティ アメリカン型ヘルメット(右)

被り比べてみると、わたしはやはり、トーヨーセーフティのヘルメットが頭に合いました。

ヘルメットの中についているハンモック部分も、わたしはトーヨーセーフティの方がやわらかくフィットしました。

一人一人の頭の形と、ヘルメットの被り心地は、それぞれ違います。

靴と同じで、実際に被ってみる必要があると実感。

おわりに

防災グッズを、早急に買い揃えてみましたが。ひと段落ついたら、やり切った感で、半ば喪失状態に。

住んでいる地域が大きな災害に見舞われたことがないので、今まで、防災について真剣に考えたことが、あまりありませんでした。

でも2019年に、同じ千葉県の南部が台風被害に遭いました。親類の住む地域でも、1週間以上に渡りライフラインが途絶えてしまい。缶詰などの防災食を送りました。

今後数十年の間に、首都地下直下型地震が来ると言われていますし。家のメンテも必要。

今回ようやく、自分の住む地域のハザードマップを確認する余裕ができました。

突然の災害が起きた時のために、備えつつ。日々の暮らしを、今までの在り方から変化させていきたいものだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました