トマトの種取り方法

種取り用のミニトマト

私は毎年、固定種のトマトを、種から育てています。

といっても私の場合、失敗することが当たり前。実が取れない年も、もちろんあります。

今年は 千葉県北西部では7月に雨が少なかったからか、中玉、ミニトマト、どちらも、種取り用の実を選出することができました。

中玉トマトは、今年はじめての種取り。

というのも、今年はじめて、食べられる中玉トマトができたのです。(写真を撮り忘れました)

私が育てているのは、野口のタネさんで購入した「世界一トマト」と「ステラミニトマト」です。

トマトの種取りをするなら、固定種のトマトがおすすめ

というのも、F1のトマトから採った種を使うと、実の形や種類がバラバラな「雑種」ができてしまうから。

そういうことに、あまりこだわらない、おおらかな人は、F1品種から採った種で、育苗からはじめて。徐々にオリジナルトマトを作り出していく人もいるけれど。

はじめから固定種の種を使っていれば、同じ品種のトマトを安定して作り続けることができます。

トマトの種取り方法

種取り用の実の選定、追熟

種取り用のミニトマト

形の良い優秀な実を選んだら、その子が赤くなるまで待つ。

濃いめの赤色になってきたら収穫して、さらに家の中などで追熟させて、さらに赤く、やわらかくしていきます。

その間に、実に亀裂が入ったり、白いカビ菌が発生することもありますが、それは「発酵菌」のようなものなので、そこまで心配することはありません。

どちらにしろ、実に亀裂が入ったり、白い発酵菌カビが生えたら、もう種取りしてよい頃合いなので、中から種を取り出す作業に進みます。

実の中から種を取り出し発酵させる

トマトの種取り
世界一トマト(左)、ステラミニトマト(右)

トマトを素手でぶち破る際に、中の汁が服に飛んで来るので注意して!

トマトの種は、ゼリー状のものに覆われています。そこから種を取り出すのは、人間の指では難解です。

そこで、ゼリー状のものと一緒に取り出した種を、発酵させる工程に進みます。

蓋つきのタッパーに入れて、蓋をして、3日間くらい放置します。

蓋つきのタッパーの中では、トマトの発酵が進みます。

発酵が進むことで、ゼリー状のものが緩んできて、種が採り出しやすくなるのです。

種を水洗いする

発酵は、し過ぎてはいけません。

発酵させていることを忘れて放置してしまうと・・・カビが生えたり、腐ったり・・・してしまうと、なんとなく想像がつきますので、8月中なら3日間くらいが、ちょうどよいベストな発酵期間だと思いました。

発酵後の臭いに気をつけて

トマト発酵中の、タッパーの蓋を開けて鼻を近づけてみると、臭い!

発酵中の中玉トマトのゼリーが異臭を放っていました。

たとえるなら、油でおおいに汚れた肉屋や総菜屋の厨房の換気扇に、顔を突っ込んだらこんな臭いがしそう、というような臭い・・・?

ミニトマトの方は、そこまで臭くありませんでしたが、中玉トマトの方は注意、鼻を近づけない方がよいです。

赤くプリプリしていたゼリー状のものは、赤味が抑えられ、ゆるく水っぽい状態になっていました。

所々に白いカビも発生していて、見栄えが悪いので写真には撮りませんでした。

水を入れて、とりあえず臭気を消すために、種以外のものを除去する作戦

まだ指で触りたくない段階(見た目というより、臭いのせいで触る気が失せるのか)。

水を入れて臭いを中和させつつ、種以外の物を、外の土に捨てました。

発酵臭がきつかったので、流し場に捨てたくなくて、外の土に捨てました。

何回か繰り返していると、水が透明に近づいてきます。

種はまだ、ゼリーに付いていますが、つまようじなどでゼリーだけを取り出すことができるくらいに、ゼリーは甘皮のように柔くなっています。

発酵した後、水洗いしたトマトの種

水の中に種だけになったら、指を使って種をやさしく、もみ洗いします。

ミニトマトの方は、中玉トマトよりスムーズに種取りができます。

発酵後、すでにゼリー状のものから分離している状態でした。

種は水に沈むので、上の水とゼリー状のものだけを除去していけばよいです。

種を日に当てて乾燥させる

トマトの種の乾燥

今回は、平ざるの上に「リードクッキングペーパー」の組み合わせで完璧でした。

フェルトのふわふわシートは、種の水分を吸収して、日光に当てると乾燥も早いです。

種はふわふわのシートにくっついているので、風が吹いても吹き飛びませんでした。

乾燥後、つまようじを使って、種だけ取ることができました。

これがキッチンペーパーだと、種を取る段階で、種に紙がついてしまって、取りづらいのです。

今後はリードクッキングペーパーにします。

クッキングペーパー自体は軽いので、風が吹くと吹き飛ばされてしまいます。

だから、ガチャガチャでゲットした、背伸び猫ちゃんを、重り代わりに置いておきました。

種の保存方法(私の場合)

私の場合は、種を乾燥させたら紙封筒に入れて、さらに種の封筒がたくさん入っているジッパーに入れて、冷蔵庫の扉側の上段で保存します。

野菜の種収納用ジッパー

種には寿命がある

植物の種は「生きている」。

当たり前のことだけれど、初心者だと結構見落としがちな点。

畑をはじめて1年目の私は、その年に購入した種を、半分大事に残して、それを1年後、2年後も使いまわそうと思っていました。

でも後で発覚したのは「植物の種には寿命がある」ということ。

みんな同じ寿命ではなく、「長命種子」と「短命種子」がある。

トマト、ナス、キャベツ、ブロッコリー、オクラなどは、上手く保存できれば3、4年。

タマネギ、ネギ、ニラ、ニンジンなどは、1年以内に使い切らないと、発芽する可能性がほぼなくなるくらいの短命種子。

そんな生きてる種たちを、長く上手に保存するために、冷蔵庫や冷暗所の環境を利用して、ジップロックやお茶の缶などの密閉できる環境に種を入れて、静かに保存をして、発芽率が落ちないように、時を稼ぐ。

律儀な人は、食材に入っている保存剤を再利用しているらしいけれど。私はそれを入れたことを忘れて、保存剤の期限が過ぎても忘れていて、ゴミになってしまいそうなので利用していません。

自然の種を見習いたい

でも驚くべきは、自然の中で土に落ちた種。

シソや雑草、トマトなども。自然の土の上に実が落ちて、種で覆われると、そこで休眠して。

発芽する時期までじっと待つ。

雨が激しい時期も、雪が降る寒い冬も、じっと待って。

そして発芽の時期がやってきて気温が適温になると、自然の中で自ら芽吹き、日の光を浴びて成長をはじめる。

種を缶に入れて保存しなくても、自然はすべてをやりこなす。なんてすごいんだろう。

家で種取りするということ

もともと昔は「自家採取」がふつうだった。

自分の家で育てた野菜から種を取って、種をつないだ。

今では宝くじで知られている「一粒万倍(いちりゅうまんばい)」という言葉も、もとは作物の種のことだった。

一粒の種を蒔けば、そこからたくさんの実が成って、さらにたくさんの種ができて、万倍にも増えていく様。

また、1つの畑から採れた種には、その畑の環境(土、水、気温、日照り具合、栄養分、微生物の種類など)の情報が、遺伝子として刻まれるそう。

もしも雨の少ない地域だったら、少ない水でも生き延びていける個体に変化していく。

もしも、ある一定の病原菌が存在する土だったら、その病原菌の抗体をもつ個体に変化する。

その土地オリジナルの野菜ができる。それが「固定種」の長所であり魅力です。

種は生きている。生きているから芽吹く。芽吹いて成長して実り。そして種を落とす。

そして、その営みは、一瞬でできるものではない。

1年のサイクルを、こつこつと積み重ねていくことで、徐々に、自然と植物で作り上げていくもの。

自分の畑に適応した、オリジナル野菜が作れたら、素敵だな。

さいごに

トマトの種取り、今年はつつがなくできました。

来年の春、さっそく何粒か蒔いてみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました