里芋を植えつけました。

4月のキャベツ

4月。

越冬して放置したままのキャベツが、今頃になって巻きはじめました。収穫できるのでしょうか。

さて。

3月はじめに植えつけたジャガイモは、すくすくと成長をはじめました。

4月はいろいろな野菜たちが、活動を開始する月ですね。畑作業が活発になります。

里芋を植えつけました

去年の11月に掘り上げた里芋から、翌年の種イモを選別。

種イモ候補たちを新聞紙に包み、さらに新聞紙を被せて。家の中で保存していました。

封印を解いてみると。

中身がふにゃりとやわらかくなって、腐ってしまったのが半分。

生き残っているけど、形が悪いのが半分。

残りは、形が良くて、大きさも適度にある子たち。種イモにすることにしました。

この子たちは「セレベス」という、赤い芽の里芋です。煮るとホクホク、おいしいです。

たぶん八つ頭
たしか八つ頭

去年、近所で畑をされている方からいただいた里芋も、芽を出していました。

大きいから親芋。たしか八つ頭だったと思うのですが。

「たしか八つ頭」2個と、「おそらくセレベス」8個。合計10個の種イモです。

生姜を混植

今年から使用するのは、半日陰が多い場所。湿気と半日陰を好む里芋にはうってつけ。

同じく湿気と半日陰を好む生姜を、混植します。

地域のタネ屋さんで、土佐大生姜を買いました。どんな食べ方でもおいしい種類だそうです。

生姜の写真を撮り忘れました!まあ、見た目は「生姜」です。

サボテンみたいに、連結した形で大ぶりになっているものは、ほどよい大きさにポキッと折って植えつけます。

里芋を深く植えつけた

今回は、余裕をもって60センチ間隔で、里芋を深植えしました。

里芋は、種イモの上に子芋ができます。4月後半に植えつけた後、5月の下旬や、7月の下旬など、2回ほど土寄せをします。

私は、里芋を平たい状態で植えつけたかったので、深めに植えつけました。

芽が地上に出てくるのは、少し遅れるかもしれません。

翌日、里芋と生姜の種イモを掘り出して、覆土10センチくらいで埋めなおしました。

里芋の種イモを植えつける際、20センチ前後、それ以上の深さは、深すぎて腐ってしまうリスクが高いそうです。

そして、里芋と里芋の真ん中に、生姜を植えつけました。これまた写真を撮り忘れました!

生姜は、10センチほど土を被せればよいみたいです。

毎回残念なことになる生姜

去年まで、狭いエリアで里芋と生姜を植えつけていました。

里芋のそばに生姜を植えつけるのですが、生姜は里芋より遅れて発芽します。

ちょうど雑草が生い茂る頃。生姜がようやく地面から出てくるのですが、このとき、雑草と間違って、ノコギリ鎌で刈っぱいてしまうミスを、何度も繰り返していました。

今年は余裕をもって、里芋と生姜エリアを作ったので。生姜収穫まで、無事でいてほしいです。

青じそ、赤しその種を蒔いた

固定種のシソの種

今年は心機一転。新しい場所で畑作り。

青じそと赤しそがなかったので、今回は「野口のタネ」から固定種のシソを取り寄せました。

日陰が好きなシソ。里芋のそばに蒔きました。

また赤しその成分は、他の野菜の病害虫を防いだり、土の状態を良くしてくれるそう。だから、私の夏の畑には、赤しそが山ほど生えています。

シソは好光性種子なので、被せる土はごく薄く。

縁がギザギザの三角ホーで、気持ち覆土して。その後、三角ホーの平面部分で、土を鎮圧しました。

トントントン。種が目覚めるほどよい振動が響きます。この三角ホーの振動は、以前、猫が深く寝入ってしまったくらいの癒し効果がある振動です。

アフリカンマリーゴールドの種を蒔いた

それから。土の中で育つ野菜を、センチュウから守るために。アフリカンマリーゴールドを混植します。

アフリカンマリーゴールドは、センチュウの中でも「根腐れセンチュウ」の予防になるそうです。

「センチュウ」は「線形動物」というものに分類されていて、肉眼では見えません。見えないからこそ、できるかぎり予防する意識を持つしかありません。

センチュウに効果のある緑肥植物

『コンパニオンプランツの野菜づくり』(木梨利男著)、116ページに、「センチュウに効果のある緑肥植物」の名前が載っていました。

根腐れセンチュウには

  • マリーゴールド
  • ハブソウ
  • エンバク
  • ギニアグラス
  • ソルゴー

ネコブセンチュウには

  • クロタラリア
  • エビスグサ
  • ラッカセイ
  • ギニアグラス
  • ソルゴー

などが効果があるそうです。

ソルゴーは、固い地盤を耕したり、農薬や化学肥料の養分を吸い取ってくれたりする、すごいやつですが。刈り取るのには大型機械が必要になるくらい、でかくなるので。憧れですが使えません。

落花生を植えていれば、同時にネコブセンチュウ予防にもなるなんて。一石二鳥です。

他の対策として、私は、里芋の跡地などに米ぬかをすき込み、ネコブセンチュウ予防をしていました。

ただ、私は米ぬかを精米所でもらってきていたので、おそらく農薬入りかしら?

今回の畑は、できるだけ無肥料でやりたいので。今のところ米ぬかをすき込んだり、肥料として使うことは未定です。

アフリカンマリーゴールド
去年までの畑にあったアフリカンマリーゴールド

アフリカンマリーゴールドは、開花が遅いです。そのかわり、秋も終わりの頃になっても、花を咲かせています。

株をそのままにしておけば、来年また芽吹きます。

株が大きくなるので、場所をとりますが。邪魔なところを切って、土にすき込んだり、草マルチにしておけば、センチュウ予防にもなります。

病害虫の心配もない。

すてきな緑肥です。

去年、畑から、枯れた花のつぼみを持ち帰って、保存してありました。

枯れたつぼみを崩してみると、種になりました。

ホームセンターで買った種と、同じ姿をしています。種取り成功しました!

アスパラガスの種まきと、ヤーコンの種イモの植えつけ

今年は、アスパラガスの種を買ってしまいました。育て方もわからないのに。

種を蒔いて。どうなるでしょうか。

それからヤーコンの種イモも買いました。

ふわふわ軽い土の中に、小さなかたまりが、2個入っていました。ヤーコンの種イモって、小さいですね。

去年、サツマイモ掘りの手伝いに行った農家さんで、少しだけいただいたヤーコンを、炒めて食べたら、癖がなくておいしかった。栄養も豊富だし。地味な見た目から、育て方も簡単そうに思えたので、育てたくなりました。

ヤーコンは、暑さと寒さが苦手だそうです。

春と秋の気候は好きだけど、日本の夏には弱そう。

午前中は日が当たり、午後に日陰になるような。酷暑と極寒を避けられる、日当たりが良く水はけが良い場所がいいらしい。

とりあえず、そんなかんじに近い場所に埋めておきました。

ヤーコンの種イモ
画面真ん中にある、画像ではグレーに見えるものが、ヤーコンの種イモ。

一つの種イモは、発芽していました。

もう一つの種イモは。動物のうんちのかけらみたいな、姿をしています。どこから発芽するのかも、わかりません。経過観察したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました